多摩川花火大会のおすすめ穴場スポット!!座ってゆっくり見たい人は宇奈根広場へ!

家族で多摩川花火大会に行ってきました!!私達が行ったのは、川崎市側の宇奈根広場!花火は好きだけど、ずっと立ってみるのは嫌だ、ゆっくりのんびり見たい!という人のためにおすすめの穴場スポットです!今までこの場所でみたことはなかったのですが、ゆっくりできてとても見やすかったので、この記事で紹介したいと思います!!

多摩川花火大会

2017年は豪雨・落雷でまさかの中止になりました。そのため、今まで8月末に開催されていた多摩川花火大会は、今年から比較的天気が安定しやすい10月に開催されることになりました!

日程変更のかいあってか、2018年は無事に開催されたので一安心です!

多摩川花火大会って、世田谷区(東京側)と川崎市(神奈川側)の二箇所で同時に花火が上がる大会なんです!(実際に行くまで知らなかった。)

それぞれ花火が上がるのは、以下の場所のようです!どちらの場所も二子玉川駅、二子新地駅が最寄りになりますが、両駅は毎年めちゃめちゃ混んでます。。毎年の来場者数は約20万人だそう。。

第40回世田谷区多摩川花火大会

 

第77回川崎市制記念 多摩川花火大会

 

今回の穴場スポット

この二箇所で開催される多摩川花火大会を比較的空いている場所でゆっくり観賞できるおすすめスポット、「宇奈根広場」の紹介です!

宇奈根広場の場所はだいたいこのあたり!川崎市側のスポットですが、世田谷区の花火大会の方が近くて見やすいです!

 

アクセス

最も近いのは、川崎市のJR南武線久地駅です!この久地駅、駅前にスーパー、コンビニがある以外は本当に何もなく、良い意味では落ち着いた、悪い意味ではちょっとつまらない駅です!笑(そういえば、駅前にマックはある)

この久地駅から歩いて20分、ゆっくり歩くと30分くらいで今回のスポットに到着です!

経路はだいたいこのような感じです!

まずは久地駅を降りて(改札は一つしかありません)、踏切とは逆の方(右の方)へ進みます!

右側に進むとすぐに小さな駅前スーパーが見えます!このスーパー、花火大会の当日は路面販売をやっていますので、ここで軽食や飲み物を買っていくといいかもしれません!この先にはいくつかコンビニもあるので、飲み物買って運ぶのが重いなあ、という人はコンビニでも大丈夫です!

スーパーを超えるとすぐにセブンイレブンが見えます。このセブンイレブンのすぐ左横の道を道なり進んでいきます。

かなり大きな右カーブをした後、多摩川の土手に到着します!この道路は車通りが多いので、小さいお子さんをお連れの方は注意です。信号もないので、タイミングを見計らっって渡ります。

この土手を上がると、多摩川の河川敷が見えます!右前の方に見える芝生の広場が、宇奈根広場です!!

宇奈根広場に降りてみると、きれいに整えられた芝生の広場です!それにめちゃめちゃ広い!

下の写真のように、この場所からは世田谷区側と川崎市側の両方の花火が見えますが、世田谷区側の花火がメインになり、川崎市側の花火は、少し小さめに見えます。また、少し多摩川の近くまで歩かないと写真右側の大きな木が被って川崎市側の花火が見えなくなります。

混雑度

一番気になるこの宇奈根広場の混雑度ですが、2018年の多摩川花火大会では、このような感じでした!多摩川花火大会は、18:00スタート!!

念のために1時間前には到着しましたが、スペースもありゆっくり座れます!すでにお酒と軽食で盛り上がっている組もあります!まだ明るいので子どもたちは楽しそうにボール遊びなどもしています!

17:00時点

花火開始30分前になり、辺りがすこし暗くなってきました。人も倍くらいに増えましたが、まだまだスペースがあります!

17:30時点

18:00になり花火開始です!辺りは真っ暗。写真では暗くて見えにくいですが、この時間でもスペースは普通にちらほら空いています!!

花火開始!

写真で見ると、花火がすこし小さく見えますが、実際はもっと大きく見えた印象です!

最後に

この宇奈根広場は、花火開始時間になってもスペースがちらほらあるので、ほぼ場所取りは不要です!30分前に到着すればかなり広いスペースでも確保できそうです!

最後に気をつけてほしいことを一つ!2018年から10月に開催されることになりましたが、この日は結構昼間から気温の低い日でした。夜になるとちょっとひんやりするくらいの気温でしたが、この宇奈根広場は河川敷なので、風も少しあり、寒いくらいの体感気温でした。念のため、温かい服装も持っていった方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です