モルディブのリゾートホテルはどこがおすすめ?ブロガーが選ぶ人気ホテル7選!

モルディブ 旅行 ブログ

私たち夫婦は、モルディブへ新婚旅行へ行きました!

透明度抜群の美しい海、水上ヴィラからのシュノーケリング、オールインクルーシブプランを利用すれば、滞在中はお金を気にせずに飲み食いし放題!

モルディブはまさに楽園です!!

しかし、モルディブには100を超える数のリゾートホテルが存在するため、ホテルを選ぶのは結構大変です。しかも、1ホテル=1つの島という特徴のあるモルディブは、滞在中は基本的にずっと同じ島で過ごすため、計画時のホテル選びがかなり重要。

今回の記事では、日本人が実際によく選択するモルディブのリゾートホテルをピックアップして紹介します。

どのホテルも、ブロガーさんが記事にすることの多い人気のホテルで、記事内でそのホテルを利用した方のおすすめブログのリンクも貼っています。モルディブのホテルを決めるために、経験者のブログは本当に役に立ちますので、ぜひ参考にしてみてください!

モルディブ新婚旅行で一番重要なのはホテル選び!後悔しないために知っておきたいこと!

 

オーゼン・バイ・アトモスフィア

オーゼン・バイ・アトモスフィア

オーゼン・バイ・アトモスフィア
出典: https://atmospherehotelsandresorts.jp/scene-ozen/
アクセスマーレからボートで約25分
島の大きさ一周徒歩約20分
公式ページオーゼン・バイ・アトモスフィア
おすすめブログ

このオーゼン・バイ・アトモスフィアを運営するアトモスフィア・ホテルズ&リゾーツは、2013年モルディブ生まれのホテルグループ!

オールインクルーシブプランがとにかくすごく、シャンパン飲み放題、部屋にワインセラーがあり、これも飲み放題。特に、シャンパンが飲み放題なのはかなり珍しい!

上で紹介してるブロガーさんは、ほぼアルコールの好みだけでこのホテルを選んだそう!笑

水中レストラン(有料)もありますが、オールインクルーシブプランでも4泊以上の滞在で一回利用することができます!水中レストラン目当ての人は間違いなく候補になるでしょう!

ビーチやバー、レストランでのんびりしたりするのもおすすめですが、シュノーケリングツアー、フィッシングツアー、ドルフィンウォッチングツアーなどアクティビティも豊富!船に乗ってイルカのいるスポットまで行って、船の上ではビール、シャンパンが飲めて、とにかくものすごいオールインクルーシブプラン!

 

コンスタンス・ハラベリ

コンスタンス・ハラベリ

コンスタンス・ハラベリ
出典: https://www.constancehotels.com/en/gallery/?h=Halaveli
アクセスマーレから水上飛行機で約25分
島の大きさ一周徒歩約15分
公式ページコンスタンス・ハラベリ
おすすめブログ

コンスタンス・ハラベリは、インド洋を中心にリゾートを展開するコンスタンスホテルズ&リゾートの運営する超一流リゾート!

モルディブには、このコンスタンス・ハラベリ、下で紹介するコンスタンス・ムーフシの二つのリゾートホテルを運営しており、どちらも日本人にとても人気です。

ホテルの外観、内装はナチュラル系で、日本でいうところのかやぶき屋根のような見た目をしています!コンスタンスホテルズ&リゾートは、1975年より観光業を開始し、現在もモーリシャスに本社を持つ会社です。モーリシャスはインド洋の島国ですが、おそらくこういう民家が多いのでしょう!

また、コンスタンスホテルズ&リゾートは、ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドに加盟するラグジュアリーホテルで、ホテルブランドとして超一流です。

このホテルもオールインクルーシブプランが強力で、部屋にはワイン2本、スパークリングワインも備え付けられており、無くなば毎日補充されます。

部屋に置いてあるスナックも食べ放題で、毎日補充してくれます。ハリボーもあるらしい!!

オールインクルーシブにすると、サンセットクルージング、サンセットフィッシング、サンセットシュノーケリング、ドルフィンウォッチングのどれかのエクスカーションに2回無料参加できます!

最大の特徴は日本人スタッフが複数名いるということで、このリゾートは日本人人気No. 1だそう!逆に日本人が多いので、その点は注意が必要です。

 

コンスタンス・ムーフシ

コンスタンス・ムーフシ

constance_moofushi
出典: https://www.constancehotels.com/en/gallery/?h=Moofushi
アクセスマーレから水上飛行機で約25分
島の大きさ一周徒歩約20分
公式ページコンスタンス・ムーフシ
おすすめブログ

このコンスタンス・ムーフシは、上と同じくコンスタンスホテルズ&リゾートの運営する超一流リゾートです!

オールインクルーシブプランもかなり充実しており、ブロガーさん曰く、食事(ビュッフェ)がめちゃめちゃうまいらしい!!

このホテルの特徴は、シュノーケリングでのマンタとの遭遇確率が結構高いことでしょう!ホテルのすぐ近くにマンタスポットがあるようで、1月~4月の乾季が、マンタとの遭遇率が特に高いシーズンで、ハウスリーフ近くにもマンタがやってくることがあるようです。

実際に上のブログでは、ホテルからのシュノーケリングでマンタに遭遇!!これは衝撃的です。ウミガメじゃなくてマンタですよ!

そのためか、メインレストランの名前がなんと「マンタレストラン」

私は経験したことないですが、ウミガメでもかなり興奮したので、マンタと遭遇した時の興奮は、それはそれはすごいものでしょう!

 

ロビンソンクラブ・モルディブ

ロビンソンクラブ・モルディブ

ロビンソンクラブ モルディブ
出典: https://www.robinson.com/en/en/resort-holiday/maldives/maldives/club-details/
アクセスマーレから国内線飛行機約60分 +

スピードボート約15分

島の大きさ一周徒歩約20分
公式ページロビンソンクラブ・モルディブ
おすすめブログ

私がハネムーンで行ったのがこのロビンソンクラブです。私がこのホテル選んだ理由は、ハウスリーフが良くて、比較的グレードの高いホテルだったからです!
モルディブ・ロビンソンクラブってどんなとこ?5泊6日ハネムーン滞在の様子をご紹介

ロビンソンクラブは世界15か国に25のリゾート施設を展開しており、「すべての人に最高の休日を提供する」をコンセプトにしています。ロビンソンクラブは1970年の創業で2020年でちょうど50年を迎えました!

モルディブには、このロビンソンクラブ・モルディブに加えてロビンソンクラブ・モルディブ・ヌーヌという二つ目のホテルを2017年にオープンさせました。

ロビンソンクラブ・モルディブは、ハウスリーフがとても良いリゾートで、魚大量のサンゴ礁にホテルの部屋から泳いですぐに行けます。シュノーケリングが目当ての人には超おすすめのホテルです!

オールインクルーシブプランやハネムーン特典が充実していて、毎日異なるテーマで提供されるビュッフェはとても美味しかったです!

私が行った時には日本人のスタッフさんはいませんでしたが、日本で何年も働いていたことがあるという日本語ペラペラの現地スタッフさんがいて、色々としゃべってくれました。

アクセスは少し悪いですが、その分極上のハウスリーフを堪能することができます。

 

シェラトン・モルディブ

シェラトン・モルディブ

シェラトン・モルディブ
出典: https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/mlesi-sheraton-maldives-full-moon-resort-and-spa/
アクセスマーレからボートで約15分
島の大きさ一周徒歩約15分
公式ページシェラトン・モルディブ
おすすめブログ

こちらのシェラトン・モルディブは、マーレ国際空港からスピードボートで約15分ほどのところにあり、アクセス抜群のリゾートホテルです。

シャラントンブランドは、米マリオット・インターナショナルに2016年に買収され、世界最大のホテルチェーンに加わりました。

世界最大のチェーンならではの会員サービスが魅力で、シェラトン・モルディブを訪れる旅行者はほぼ間違いなくSPG(現在は、マリオットボンヴォイという名称で統合された)会員です!

SPGおよびマリオットボンヴォイ会員とその特典については以下のサイトが詳しいので参考にしてください。

ホームページを見る限りオールインクルーシブプランはなく、その都度お金がかかるシステムのようです。上のSPG会員であれば食事にも割引が効くようで、かなりお得に滞在できます。

上記のブログの情報によると、家族連れが結構多いようで、プールが子供で賑わっていたそう!ちにみに、この方もSPG会員でしかもプラチナ。

SPG会員の方は候補に入ってくるリゾートホテルです!

 

アマリ・ハヴォダ・モルディブ

アマリ・ハヴォタ・モルディブ

アマリ・ハヴォタ・モルディブ
出典: https://www.amari.com/havodda-maldives/photogallery.aspx
アクセスマーレから国内線飛行機約60分 +

スピードボート約15分

島の大きさ一周徒歩約25分
公式ページアマリ・ハヴォダ・モルディブ
おすすめブログ

こちらのアマリ・ハヴォダ・モルディブは、タイの生まれONYXグループによって運営されるリゾートで、2016年にオープンした比較的新しいホテルです。ONYXグループは45年以上の歴史があり、アジアを中心に多くのホテルを展開しています。

アマリ・ハヴォダ・モルディブは、とにかくハウスリーフが良い!水上コテージからすぐのところにシュノーケリングスポットがあり、部屋から直接シュノーケリングを楽しめます!

オールインクルーシブプランも充実しており、バーでのアルコールもOK!ブログの情報によると、無料のウェルカムマッサージで極上のタイ式マッサージを受けることもできるみたい!

マーレからさらに国内線飛行機+ボートで移動(ロビンソンクラブ・モルディブと最寄りの空港が同じ)になるので、アクセスは悪いですが、ハウスリーフの良さは必見です!!

 

ココ・ボドゥヒティ

ココ・ボドゥヒティ

ココ・ボドゥヒティ
出典: https://cococollection.com/en/bodu_hithi
アクセスマーレからスピードボートで30~40分
島の大きさ一周徒歩約25分
公式ページココ・ボドゥヒティ
おすすめブログ

ココ・ボドゥヒティを運営しているサンランドホテルズは、ココ・コレクションというブランドでこのココ・ボドゥヒティとココ・パーム・ドゥニコルという二つのホテルをモルディブに展開しています。創業は2005年です。

ホテルのブランドは超一流とまではいきませんが、その代わりコスパの良いオールインクルーシブプラン極上のハウスリーフを堪能できるのが魅力です!

全室プール付きなのがおすすめポイントで、暑いときはすぐにプールに飛び込んで遊べます。これが結構楽しい!

上で紹介しているブログはどちらもかなり詳しいのでおすすめ!ダイビングやパラセーリングまでしている。

ココ・ボドゥヒティもドロップオフまで本当に近くて、シュノーケリング向き!お魚天国と化したハウスリーフが最高です。

同じくハウスリーフが魅力的な上のロビンソンクラブやアマリに比べると、マーレからのアクセスが良好なのもいいですね!

 

モルディブ旅行はホテル選びが最も重要!

調べてみるとどのホテルもそれぞれ魅力があります!また、どれも日本人に人気のホテルなので、ホテルスタッフの方も日本からの旅行客には慣れていると思います。

私はハネムーンでロビンソンクラブ・モルディブへ行きましたが、もう一度行くならコンスタンス・ムーフシですね!!

超一流のホテルブランド、さらにオールインクルーシブプランがかなり充実していて、何よりシュノーケリングでマンタに会える可能性があるのがたまりません!ぜひとも、一度マンタ探しをチャレンジしてみたい!

とにかく、モルディブ旅行は計画時のホテル選びに全てがかかっていると言っても過言ではありません。モルディブのホテル選びのポイントについては以下の記事でも詳しく書いていますので、よければ参考にしてください。

モルディブ新婚旅行で一番重要なのはホテル選び!後悔しないために知っておきたいこと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。