独身時代に分譲マンションを購入したら5年後こうなった!マンション購入体験記

マンション購入 初日

おそらく人生で最も大きな買い物になるであろう住宅購入。誰もが即断できるような買い物ではありません。そんな大きな買い物であるマンション購入を25歳しかも独身でやってしまった私の体験を記事としてまとめてみようと思います!

今や多くの人が生涯独身を貫く時代、独身でマンション購入を考えてる人は多いと思います。まだまだ若い人でマンション購入を考えるような人は少ないとは思いますが、これから住宅購入を考えている方に、マンション購入の流れや購入後どうなったかなどがうまく伝われば幸いです!

こんな人に読んでもらいたい!

  • マンション購入に興味がある人
  • マンション買いたいけど、具体的に何をすればいいかよく分からない人
  • 独身でマンションを買ってよかったことや後悔していることを知りたい人

 

マンション購入を考えたきっかけ

私がマンション購入を考えたのは、「金持ち父さん」の本を読んだのがきっかけでした。

就職を機に川崎市に越してきた私は、初めとりあえず会社の寮に住むことになりました!当時私は、大学院修士卒の24歳。ちなみに、独身の男です。

この寮は、会社から近くて便利ではあったのですが、狭くて壁も薄い、昔ながらの寮という感じ。でも寮費がとても安いし、会社の周りの土地勘も全くないし、他に選択肢がなかったというのが正直なところ。

とにかく寮費が安かったので、大きな不満もなかったです。これが普通の賃貸と似たような寮費なら絶対いやでしたけど。笑

寮に住み始めてしばらくすると、同じ寮に住むある先輩が私に話かけてきて、「よかったら交流系イベントいかないか?」と誘ってきました。

意識の高い先輩だな!と思いましたが、自分も社会人になったし、いろんな人と出会っていったほうがいいかな!と思い、ものは試しに参加してみよう!と、ちょくちょくそういうイベントに参加していました。

するとある日、その先輩が帰り道にある本を読んでみることを勧めてきたんです。勧められた本があの有名な「金持ち父さん」です。

私は読書を全くしない人でしたが、そんなに勧めるなら。と思って読んでみました。毎晩読んでだいたい一週間くらいで一冊読めたという感じです。結構面白い本でした。お金持ちの人たちはこういうふうに儲けてるのかという新しい発見がありました。

実は、この本が私のマンション購入の大きなきっかけだったんです。。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

ロバート キヨサキ
1,728円(05/20 13:16時点)
発売日: 2013/11/08
Amazonの情報を掲載しています

「不動産」「不労所得」というのは本屋に行っても専用コーナーがあるくらいの人気です。私もいろいろ本を読んで勉強してみました。金持ち父さんシリーズもほとんど読みました。

けれど、私の場合「楽しくなさそう。。」と思ってしまい、私自身は、自分でアパートやマンションのオーナーになりたいとは思いませんでした。不動産投資は長く続けることになるので楽しくないと絶対に続きません。

が、しかし!自分の住む家として不動産を所有することには興味を持ちました。なぜなら、「賃貸は絶対住みたくない!」って思ったからです。だって「賃貸に住む」=「他人のローンを返す」だと感じてしまったんです。大家さんも元々お金持ちでもない限り、ローンを組んでアパート・マンションを購入している訳で、そのローンは、家賃収入から返済します。

そういう経緯で、次に引っ越すときは、マンションを買って引っ越す!決めたのです。ちなみに、金持ち父さんの本では、居住目的での不動産購入は推奨していません。興味ある方は、読んでみてください!

また、私の場合は会社で転勤も少なそうという理由もありました。さすがに、しょっちゅう転勤があるような人は、住宅購入よりは賃貸の方がよいと思います。さらに、マンションにしておけば、最悪売ったり、賃貸に出したりできるはず。さずがに、独身で一軒家はちょっと寂しい。。

本当はその前に結婚して、結婚を機にマンション購入がベストでしたが、それはちょっとタイミングが合いませんでした。いつ結婚できるか、そもそも結婚できるかも分かりませんでしたので、結婚を待つ気にはなりませんでした。

ちなみに、この「金持ち父さん」の本を勧めてくれた先輩はしばらく経つと何も誘ってこなくなりましたが、本を読むきっかけをくれたので、大変感謝していますね!

今思えば、この先輩、絶対マルチ商法だったな。。とは思います。都会は怖いですね。。以下のサイトも参考に、新社会人の皆さんは、ぜひご注意ください。笑

ちなみに、この本は決して胡散臭い本ではなく、新しく社会人になった人は早い時期に読んでおくと、その後に人生観が変わるくらいに良い本だと思います!あんまり勧めるとマルチ商法の勧誘だと思われそうなので、友達とかには勧めるのが気が引けますが。笑

  • マンション購入のきっかけは「金持ち父さん」の本
  • 家賃 = 他人のローン を払うのは絶対に嫌だった!

 

具体的なマンション購入までの流れ

はじめに、私が実際に体験したマンション購入までの具体的な流れをまとめておきたいと思います。おおよそ以下のような流れで進みました。

  1. ネットで資料請求
  2. 不動産屋さんの担当とやりとり
  3. 紹介された物件を見学にいく
  4. 購入したい物件をみつける
  5. 購入する意思を担当に伝える
  6. 住宅ローンを準備・契約する
  7. マンション購入完了

私の場合、「4. 購入したい物件を見つける」まで進むのが結構長かった。。半年以上はかかりました。途中であきらめようかとも思いました。笑

以下で、具体的に書いていきます!

 

マンション購入最初の一歩は資料請求

マンションを買おうと思った私がまず初めに行動したのはネット検索して気になったマンションに資料請求することです

私がやった検索条件は、「中古マンション、駅徒歩10分以内」くらいですね。あとは、川崎市にある会社にドアtoドアで30分くらいで行ける駅で検索していました。

資料請求すると、担当の方がメールで連絡をくれます。その後郵便で資料が届くパターンが多いですが、メールに添付して送付してくれる人もいたり、担当によって対応を様々だったと思います。

私は、担当の方がくれたメールに逐一お礼のメール(ありがとうございます。程度の簡単なもの)を返信していると、しばらくして「実際に見にいってみませんか?」と誘われました。

とりあえず、物件の見学に何件か行ってみることにしました。

見学に行くと帰りにその担当の不動産屋さんの店舗で、アンケートに答えたりするのですが、あまり購入の意志が弱いと思われて、私と変わらないくらい若い担当を割り当てられても嫌なので、引っ越しの理由には、「結婚予定で新居を探している!」と書いていました。(実はこれ、半分嘘ではなかった)

これを書いていると、「おめでとうございます」とか言われるので、ちょっとそのときは「(申し訳ない)」という気持ちになりましたね。

最近は独身でマンションを購入するのもそう珍しいことではなくなってきたので、普通に「もう家賃を払うのは嫌なので、マンションを購入したい!」と言ってもいいかもしれません。

いただいたメールにはちゃんと返信すること、それなりの引っ越しの理由を書くことが、よい担当の人と巡り会える秘訣ではないかと思います! とにかく、本気で探していると思ってもらわないとだめです。

  • 資料請求して、良い不動産屋さんの担当を探す!
  • 資料請求するときは、本気で探していることをアピールする!

 

余談ですが、不動産屋さんと繋がるためには一括請求できるサービスを使うのがおすすめ!

タウンライフ不動産売買のサービスのように、住みたい地域を指定してその地域に対応した不動産会社に一括請求できるサービスもあります。

結局初めに自分が気になった物件に決まることはまれだと思いますので、初めは良い不動産屋さんとつながりを持つぞ!というモチベーションで始めてみるのがいいです。

私もこのタウンライフのサービスを土地探しで使ったことがあるのですが、そこまでしつこく押し売りすることもなく、質問するとかなり親身になって丁寧に答えてくれました。

また、実際にネットでは見つからない情報をいくつか知ることができたので、この点ではかなりおすすめ!(以下はタウンライフ不動産からの引用)

市場で流通している不動産物件の2割以上は、
ネットには一切公開されていません!

ネットに出回る前に売れてしまうような良い物件だったり、売主が近所に売り出して
いることを知られたくないといった様々な事情が、ネット掲載不可という条件を生み出しています。

また、優良物件は広告費を割かずとも売れてしまうため、非公開物件となる場合が多く、ポータルサイトや広告による一般公開ができない物件は、実は不動産流通の20%以上

つまりネットから探しても見つからない物件が結構あるんですね!確かに広告費はもったいない。

私がやったときも実際に初めて見る物件がいくつかありました。

また、本気で探していることを伝えるために、希望の物件をできるだけ詳細に書いて資料請求したほうがいいです!その方が不動産屋さんも対応しやすいようで、すぐに反応があります。

> タウンライフ不動産売買

なかなか良いマンションが見つからない

ここからいい物件に出会えない日が続き、気がつけば半年以上たってしまいました。

紹介した物件にも見学に行きました。実際に見学に行ったのは、7, 8件くらいだったと思います。でも、これだ!という良い物件が見つからないんですね。。

良い物件は高いし、安い物件は駅から遠かったり。。結構いろんな本を読んだり、ネットの記事をみたりして勉強していた私は、条件が結構厳しめになっていたのも見つからない原因だったかも。

後々の売却しないといけなくなるかもしれないので、駅徒歩10分以内は絶対マスト、価格の下落の少ない中古のマンションで、住宅ローン控除が受けられる50㎡以上の物件、通勤時間、予算、等々。。

(参考)私の希望していたマンションの条件

  • 駅徒歩10分以内
  • 中古マンション
  • 住宅ローン控除が受けられる(築年数、広さ)
  • 職場までdoor to door 30分以内
  • 予算は年収の5倍くらいまで

その後も見学の誘いは来るのですが、見に行く以前に住みたいかも!という物件に巡り合わない。そもそもそんなに急いではいないし、良い物件が見つかるまで妥協はせずに粘ろうと思いました

そんなこんなで、半年くらい時間が過ぎました。半年も経ってくると当時のモチベーションもちょっとずつ下がってきていました。

しかし!ある不動産屋さんの担当の方は、半年くらいたったあとも私に合いそうな物件が出るとメールをくれたんです!!この不動産屋さんはとても良い人だと思いましたね!

当時もうすぐ25歳になろうとしていた私ですが、実は、25歳は不動産購入の一つの分岐点だと思っていました。住宅ローンって最長で35年返済になるのですが、25 + 35 = 60歳定年ですので、25歳までにローン組みたいと勝手に思ってました!

もちろん、35年も先のことなどまったく予想できない時代ですが、当時は25歳のうちにマンション購入しなければ!という思いで、モチベーションを高めていました。

  • 良いマンションが見つからない日が半年以上続いた

余談です。お忘れかもしれませんが、途中まで結婚前提で担当の方と話を進めていた私です。その件についてどうなったかというと、この長い期間の途中で結婚の話は無くなってしまったと素直にメールで伝えました。。笑

 

買いたいマンションが見つかる!物件決定!

そんな私にも、ちょっと気になる物件が現れました!粘り強く、物件を紹介してくれていた不動産屋さんが、メールで教えてくれた物件です!

私の希望の条件をほとんど満たしていましたし、最寄りの駅がそんなに栄えてる感じではないですが、自然が多く、穏やかに暮らしていけそう。そんな風に感じました!やっぱり、時間をかけて粘っていると良い物件は見つかるものです!!

早速、メールで「見学行ってみたい!」と伝えました。すぐに返事がきて、ついでに他の物件も何件が見て回ることになりましたが、結局最初に気になっていた物件が良いかも!と思いました。

ちょっとポジティブな感想を伝えると、さすが不動産屋さん、どんどん肩を押してくれます。笑 やっぱり大きな買い物ですので、自分から「買います!」と言うのは難しく、肩を押してもらうのは大事です。笑

唯一の懸念点は、中古マンションだからこそ気になる部分。マンションの管理組合がしっかり機能しているか?修繕計画とかはちゃんとしたものかを個人的には詳しく知りたかったので、色々資料を取り寄せてもらったのですが、なんせ経験がなく比較対象がないので、これぐらいが普通なのか、結局よく分かりませんでした。

不動産屋さん曰く、「建物を見る限り、まともな管理がされているように見えるし、管理会社も大手が付いているので、心配ないと思う」とのことでした。

半年以上粘ってやっと住みたいと思う家が見つかったので、思い切って契約することに!

実際に探し始めたのが2015年5月。そこから実際に契約に踏み切ったのが同年の年末でしたので、本当に長かったです。笑

このタイミングで一応、両親にも「家買います!」と報告。母親はいきなり過ぎてびっくりしていましたが、意外にも父親は「そうか!」という感じで、少し結婚の心配もしていましたが、引っ越しのお祝いまでくれました。父親も若くして一軒家を購入していたので、私と同じように「賃貸に住むよりは、購入した方が」という考えを持っていたようで良かったです。

  • 半年以上粘って、ようやく住みたいと思うマンションを見つけた

 

住宅ローンの準備

いよいよ契約の準備です!不動産関連の手続きは、不動産屋さんが色々手配してくれるので、不動産屋さんの指示通りに進めていれば問題なかったです。

一つ自分で頑張ったのが、住宅ローンを組む銀行の選択です。不動産屋さんは、それぞれ繋がりのある銀行に掛け合って、住宅ローンの審査の手続きを勧めてくれるのですが、結構担当の人によって得意な?銀行があるので、そのまま任せていると選択肢が偏ってるように感じたんです。

大手の銀行は、実際審査が厳しくて、私のように社会人1, 2年目で、結婚もしていない人には金利が少し高く提示されたりしました。それに納得行かなかった私は、自分で他の銀行もあたってみることにしました。

結局、ネット銀行の一つイオン銀行で当時の最低金利で審査通過したので、契約することに!だいぶ、金利が低くなったので、大満足でした!

住宅ローンに申し込みは、イオン銀行の場合ネットから簡単に申し込めます。しかし、銀行側での審査に多少時間がかかります。購入する物件にある程度目星が付いた段階で早めに行動したほうがいいです。

ちなみに、イオン銀行はネット銀行でありながら、店舗があるんです。(これってネット銀行じゃないような。。笑)なので、実際に店舗に行って担当の人とお話できるし、実際に契約を結ぶときも店舗の個室で書類を書いたりします。

私の担当の不動産屋さんもイオン銀行との仕事は初めてだったようですが、店舗があって、しかもキレイな個室に通してもらえて良かった!とおっしゃっていました。

  • 住宅ローンを組む銀行は自分で選択+手続き!
  • 審査に時間がかかるので早めに行動したほうがいい

 

マンション購入契約完了

無事に住宅ローンの手続きも終わり、融資実行のタイミングに!一瞬ですが、自分の口座に大量のお金が入り、その後すぐ、売り主さんに渡ります。

最後に、売り主さんから家の鍵をもらって帰りました。この日は特に用もなかったのですが、あたらしく購入した家に帰って、ゆっくりしたのをよく覚えています。ゆっくりすると言っても、ベッドも冷蔵庫も何もない家なので、あんまり長居はできなかったですね。

とりあえず、良い不動産屋さんに巡り会えて、無事に大きなトラブルもなく購入できたことに一安心です

後日、引っ越しの手配をして荷物を運び込みました。

  • 融資実行はあっけなく終了
  • 大きなトラブルなく購入できた

 

マンション購入から5年経って

マンションを買ってしばらくは一人で住んでいたのですが、そのうち友人の紹介から一人の女性と付き合うことに!とんとん拍子にことが進み、マンションを買って2年ちょっとでなんと!結婚することができました!このような機会をくれた友人には本当に感謝です。

家を買うとモテるとかいう話を聞いたこともありますが、自分では自分のなにか変わったのか、どう変わったのかよく分かりません。ただ、紹介してくれた友人はとても仲の良い友人なので、私がマンションを買ったことも話していました。私も色々紹介を頼まれることがありますが、家を持っていて独身の友達がいたら、ちょっと紹介したいと思うような気もします。

購入から約5年が経った今、結婚した妻はこの家に引っ越してきてくれ、楽しく2人で生活しています!私は、そんな妻にとても感謝しています!

初め私が家持っていると聞いたときにどう思ったのか、妻にちょっとインタビューしてみてみました。すると、こんな返事が。。

妻「よく若いのに買ったなって」

口調が厳しい!!これには、しっかりしてそう!というプラス面もあれば、マイナス面もあったそう。妻は私には直接言っては来ませんでしたが、心の中では色々心配していたそうです。

妻が思ったこと

  • 転勤とか家庭を持つときのことを考えているのか?
  • 結婚したときこの家どうするつもり?
  • 子供ができたら狭くない?
  • 引っ越すことも考えているのか?

などなど、買うときに何を考えて、どういう計画をしていたのかがパートナーの気になるところのようです。私も購入前からいつかは結婚したいという思いはあったし、将来結婚してくれる人が現れたら、この家は売却、もしくは賃貸に出すことになるかも。と思ってはいました。

なので、利用者の多い駅から近くて売却しやすそうなところで探していたので、今後売却や賃貸に出さないといけない状況になっても大丈夫なはずです!

これが一生住むつもりで買った。となると、付いてくる側はかなり嫌な思いをするだろうと思います。なので、独身で買う、しかも将来結婚する気があるのなら、一生住むことを前提にせず、引っ越すことを前提にすることを強くおすすめします。今結婚する気がない人も、将来気持ちが変わることは大いにありえます。

 

マンション購入した感想

25歳でマンションを購入し、その後結婚、もうすぐ30歳になる今、住宅について思うことを書きます。

良かったことは、自分一人で身の丈にあった住宅ローンが組めたこと!結婚した今は経済的には余裕を持った生活ができています。妻にも収入がありますからね!結婚してからだと、背伸びして2人でローンを組んで、忙しい毎日を送っていたかもしれませんね。

あとは、若い時期から住宅ローンを返済しているので、本来家賃に消えるはずのお金で、ローンを返せているのはとても良い気分ですね!

でも一方で、やっぱり妻は内心は、結婚で新しい家を自分で選びたかっただろうな。と思います。ちょっと自分の生活を押し付けてしまっている感が自分の中であるんですね。でも、妻も今街を気に入っていると言ってくれていますし、家も結構住み心地が良いと口では言ってくれています。

だが、私の妻はずっと実家ぐらしだったので、引っ越しした経験がありません。なので、新居を選ぶ楽しみを妻にも味わわせてあげたいという思いはかなりあります。私自身今の家を見つけたときのワクワク感はよく覚えています。

結婚する気があるのなら、やっぱり結婚を機に2人で新居を選ぶのがベストですね。ただ、そんなに後悔しているわけではありません。当時は、自分がこんなすぐに結婚することになるとは全く想像できなかったので。笑

私が購入したのは60平米ほどの2LDKのマンションだったのですが、3人くらいまでなら住めます!が、子供が2人できたらどうしようという悩みはあります。

今は、子供ができてその子供が大きくなる前に、一軒家に引っ越すのが目標です!そのときは、なるべく妻の意見を取り入れた家になるようにしたいです!

良かったこと

  • 自分の身の丈にあった住宅ローンが組めた
  • 若いときからローン返済をスタートできた
  • 家に愛着が湧き、生活が楽しくなった
  • 偶然かもしれないが、結婚できた

良くなかったこと

  • 結婚するなら結婚してから買えばよかった
  • 結婚時に妻と一緒に家を選べなかった
  • 子供が2人できたら60平米2LDKでは狭い

後悔していること

  • 今のところ特になし

 

マンション購入に踏み切れずにいる人へ

マンション購入は大きな買い物です。なかなか踏み切れない人が多いと思います。踏み切れない一番大きな理由は将来どうなるか分からないという不安ではないかと個人的には思います。

私の場合も不安があり、なかなか踏み切れないなあと思う時期もありました。でも、マンション購入を検討している時点で、マンション購入に興味があるわけで、購入しない方が後悔が大きくなるように感じました。

特に若い人は若いと言うだけで大きなメリットです。いくらでもやり直しが効きます。今興味がある時点で、おそらくいつかはマンションを買うことになります。笑 そうであれば、買うのは早い方がいいです!!失敗するにしても早く失敗したほうがいいです!

私は今でもマンション買って良かったと思っています。実際に賃貸に住むのと、購入した自分の家に住むのは感覚が全然違います。

以上、長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございます。マンション購入を考えている方の参考に少しでもなれば幸いです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

楽天

Amazonベストセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です